Fリーグ2014/2015 第9節、駒沢セントラルのチケットが発売開始されている

Fリーグ2014-15シーズンの第9節は、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われる駒沢セントラル。

2014-15シーズン2開催目となるセントラルの舞台は、昔からフットサルの聖地でもある駒沢体育館。

開幕戦となった代々木第一体育館での代々木セントラルは、2節分の計12試合を金土日の3日間で消化するという変則的なスケジュールだった。これには『連日試合するチームと中1日のチームの対戦は不公平』など、様々な意見が飛び交った。

今回の駒沢セントラルは、1節分(第9節の6試合)を計2日間で消化するので、全クラブに不公平感はない。

ただ、1枚のチケットで観戦できる試合数は最大で3試合となるので、ファンとしてはお得感は減ることになるが。

自由席一般のチケットの価格は前売りが2,000円、当日発売が2,500円だ。この価格は妥当なところだろう。

なお、一般財団法人日本サッカー後援会会員の人は、後援会会員証を提示すれば自由席は無料で観戦できるので、こちらもあわせて利用したいところ。

そんな駒沢セントラルの試合日程は以下のとおり。

2014年8月16日(土)
12:00 エスポラーダ北海道 - バサジィ大分
15:00 デウソン神戸 - 名古屋オーシャンズ
17:00 フウガドールすみだ - 湘南ベルマーレ
2014年8月17日(日)
12:00 シュライカー大阪 - アグレミーナ浜松
15:00 府中アスレティックFC - ヴォスクオーレ仙台
17:00 ペスカドーラ町田 - バルドラール浦安