Fリーグ2014/2015 第12節、名古屋オーシャンズが独走態勢。2位、3位、4位が同勝点で並ぶ。

Fリーグ2014-15シーズンの第12節が、9月13日、14日に全国各地で行われた。

首位を走る名古屋オーシャンズはホームのテバオーシャンアリーナでエスポラーダ北海道と対戦。前半をリードされて折り返すと30分過ぎからゴールラッシュを見せる。終わってみれば地力の差を見せて完勝。今シーズンの10勝目をあげた。

バサジィ大分とペスカドーラ町田が引き分け、バルドラール浦安が敗戦。この結果、2位~4位は同勝点となり混戦となっている。

逆に、下位グループには順位の変動はなかった。

Fリーグ2014-15シーズン第12節の結果は以下のとおり。

  • シュライカー大阪 7-3 バルドラール浦安
  • デウソン神戸 4-1 ヴォスクオーレ仙台
  • フウガドールすみだ 3-2 アグレミーナ浜松
  • 府中アスレティックFC 7-3 湘南ベルマーレ
  • バサジィ大分 1-1 ペスカドーラ町田
  • 名古屋オーシャンズ 6-4 エスポラーダ北海道