Fリーグ2014/2015 第13・14節、神戸セントラルで名古屋オーシャンズがよもやの連敗

9月19日~21日にかけて、グリーンアリーナ神戸にて神戸セントラルが行われた。対象は第13節と第14節。

独走態勢となっていた名古屋オーシャンズは、バサジィ大分とバルドラール浦安相手に連敗を喫した。

対照的にバサジィ大分とバルドラール浦安は共に連勝を飾っている。これで、両チームと名古屋オーシャンズの勝ち点差は2にまで縮まった。

その他、下位チーム同士の対戦となったヴォスクオーレ仙台とアグレミーナ浜松の試合は引き分けで終わり、勝点1を分けあった。

神戸セントラル3日間の結果は以下のとおり。

9月19日(金)
シュライカー大阪 2-1 府中アスレティックFC
デウソン神戸 0-1 エスポラーダ北海道
9月20日(土)
バサジィ大分 3-2 名古屋オーシャンズ
アグレミーナ浜松 1-1 湘南ベルマーレ
エスポラーダ北海道 2-0 フウガドールすみだ
府中アスレティックFC 3-3 ペスカドーラ町田
バルドラール浦安 5-2 ヴォスクオーレ仙台
9月21日(日)
フウガドールすみだ 1-2 バサジィ大分
ヴォスクオーレ仙台 2-2 アグレミーナ浜松
名古屋オーシャンズ 4-5 バルドラール浦安
ペスカドーラ町田 2-3 デウソン神戸
湘南ベルマーレ 1-3 シュライカー大阪