Fリーグ2014/2015 第16・17節、バサジィ大分とバルドラール浦安が足踏みし、名古屋オーシャンズが首位を堅持

10月を通して、Fリーグ2014-15シーズンの第16節、第17節が行われた。

10月には、フットサル日本代表のイタリア遠征が上旬に、コンチネンタルカップ2014への参加が下旬にあったため、1ヶ月をかけて、2節分となる計12試合が行われた。

第16節にはバサジィ大分が引き分け、バルドラール浦安が敗れた。

第17節は上位陣が安泰のため、名古屋オーシャンズが首位を堅持した。

Fリーグ2014-15シーズン第16・17節の結果は以下のとおり。

第16節
アグレミーナ浜松 2-2 バサジィ大分
エスポラーダ北海道 4-2 湘南ベルマーレ
ペスカドーラ町田 6-3 ヴォスクオーレ仙台
デウソン神戸 5-6 府中アスレティックFC
シュライカー大阪 1-3 名古屋オーシャンズ
バルドラール浦安 1-3 フウガドールすみだ
第17節
湘南ベルマーレ 4-3 デウソン神戸
府中アスレティックFC 3-9 フウガドールすみだ
ヴォスクオーレ仙台 2-5 エスポラーダ北海道
バサジィ大分 3-1 シュライカー大阪
アグレミーナ浜松 2-3 バルドラール浦安
名古屋オーシャンズ 5-2 ペスカドーラ町田