Fリーグ2014/2015 第18節、名古屋オーシャンズが今シーズン4敗目を喫しバサジィ大分が単独首位に踊り出る

Fリーグ2014-15シーズン第18節が、11月1日、2日に全国各地で行われた。

名古屋オーシャンズはアウェーで府中アスレティックFCと対戦。故障者も多く抱え厳しい戦いの続く名古屋オーシャンズは、この日も常に府中アスレティックFCに先手を許す試合展開。ペドロ・コスタをゴレイロのポジションに置き、パワープレーに出たものの逆に府中アスレティックFCのゴレイロ・田中俊則にパワープレー返しを決められ勝負あり。今季の4敗目を喫した。

バサジィ大分、バルドラール浦安は順当に勝利した。

その他、ヴォスクオーレ仙台が待望の今季初勝利を飾っている。

これにより、バサジィ大分が単独首位で、北海道セントラルを迎えることになった。

Fリーグ2014-15シーズン第18節の結果は以下のとおり。

  • フウガドールすみだ 1-3 シュライカー大阪
  • 府中アスレティックFC 5-2 名古屋オーシャンズ
  • ペスカドーラ町田 3-2 アグレミーナ浜松
  • エスポラーダ北海道 2-3 バルドラール浦安
  • 湘南ベルマーレ 1-3 ヴォスクオーレ仙台
  • デウソン神戸 0-2 バサジィ大分