Fリーグ2014/2015 第24節、名古屋オーシャンズがアウェーでバサジィ大分に勝利し首位を堅持

Fリーグ2014-15シーズンの第24節が、12月6日、7日に全国各地で行われた。

今節の注目試合はもちろん、首位の名古屋オーシャンズと2位のバサジィ大分の直接対決。場所はバサジィ大分のホームである「べっぷアリーナ」。

名古屋オーシャンズは怪我人が続出し、フィールドプレーヤー8人で試合を戦わなければならない苦しい状況。さらにアウェーでの試合だったが、結果的にはペドロ・コスタ、セルジーニョら外国人助っ人による地力の差を見せつけ完勝。バサジィ大分との勝ち点差を6に広げた。

イゴールを負傷で欠くペスカドーラ町田は、アウェーでデウソン神戸と対戦。フットサルにおけるゴレイロの重要性を如実に表してしまったかのように良いところなく完敗した。

Fリーグ2014-15シーズン第24節の結果は以下のとおり。

  • バサジィ大分 2-4 名古屋オーシャンズ
  • 湘南ベルマーレ 2-0 アグレミーナ浜松
  • ヴォスクオーレ仙台 2-4 バルドラール浦安
  • シュライカー大阪 5-5 府中アスレティックFC
  • フウガドールすみだ 1-1 エスポラーダ北海道
  • デウソン神戸 4-1 ペスカドーラ町田