Fリーグ2014/2015 第25・26節、横浜セントラルで今シーズンの1位がほぼ確定した模様

Fリーグ2014-15シーズン第25節と第26節が、横浜国際プールにて「横浜セントラル」として開催された。

会場は横浜国際プール。そうです、そうなんです。プールの上にスポーツコートを敷いているらしい。

そんな横浜セントラルで連勝を飾ったのは、名古屋オーシャンズ、バサジィ大分、エスポラーダ北海道の3チーム。

特に名古屋オーシャンズはフィールドプレーヤーの少ない中、ペスカドーラ町田と湘南ベルマーレを退けている。

逆にバルドラール浦安はデウソン神戸に引き分けてしまったため3位に後退。

残り7試合で、名古屋オーシャンズは2位バサジィ大分と3位バルドラール浦安に勝点6の差をつけている。

しかも、名古屋オーシャンズは残り7試合中、デウソン神戸(現在9位)、湘南ベルマーレ(現在10位)、ヴォスクオーレ仙台(現在11位)との対戦がある。

レギュラーシーズンの1位は名古屋オーシャンズでほぼ決定。

楽しみは、4位と5位にどのチームが滑りこむかだろう。

2014年のFリーグはこれで日程を終了。第27節は2015年1月9日~12日にかけて行われる。

Fリーグ2014-15シーズン第25節と第26節の結果は以下のとおり。

第25節
アグレミーナ浜松 3-4 バルドラール浦安
デウソン神戸 2-2 湘南ベルマーレ
シュライカー大阪 4-5 バサジィ大分
エスポラーダ北海道 3-1 ヴォスクオーレ仙台
フウガドールすみだ 3-6 府中アスレティックFC
ペスカドーラ町田 2-3 名古屋オーシャンズ
第26節
デウソン神戸 1-1 バルドラール浦安
エスポラーダ北海道 5-1 アグレミーナ浜松
府中アスレティックFC 4-5 バサジィ大分
湘南ベルマーレ 1-5 名古屋オーシャンズ
ペスカドーラ町田 2-5 シュライカー大阪
フウガドールすみだ 7-5 ヴォスクオーレ仙台