Fリーグ2014/2015 第28節、名古屋オーシャンズがアウェーでバルドラール浦安に完勝し、レギュラーシーズン1位をほぼ決定付ける

1月16日から18日にかけて、Fリーグ2014-15シーズン第28節が全国各地で行われた。

第28節の注目試合はもちろん、バルドラール浦安vs名古屋オーシャンズ。首位争いを占う大事な一戦も終わってみれば、名古屋オーシャンズの強さを知らしめる結果となった。ペドロ・コスタと渡邉知晃のゴールで前半に2点のリードを得た名古屋オーシャンズは、後半も攻撃の手を緩めず一時は4-0にし試合を決定付けた。終了間際に星翔太と荒牧太郎にゴールを決められ2点差とされるも終わってみれば完勝。これでレギュラーシーズンの1位をほぼ決定的とした。

プレーオフ進出権を争っている上位チームでは、ペスカドーラ町田が府中アスレティックFCに大敗。これでペスカドーラ町田は5連敗となった。

Fリーグ2014-15シーズン第28節の結果は以下のとおり。

  • アグレミーナ浜松 0-0 ヴォスクオーレ仙台
  • バルドラール浦安 2-4 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪 4-3 湘南ベルマーレ
  • バサジィ大分 4-4 フウガドールすみだ
  • エスポラーダ北海道 1-0 デウソン神戸
  • ペスカドーラ町田 1-6 府中アスレティックFC