第3節を終えて、浦安が唯一の開幕3連勝を飾り単独首位

Fリーグ2014-15シーズンの第3節が、7月5日、6日に全国各地で行われた。

代々木セントラルの2試合を終えて、開幕連勝スタートだったのはバルドラール浦安、バサジィ大分、名古屋オーシャンズの3チーム。

が、この第3節では明暗が分かれた。

大分は前半リードで折り返したものの34分にオウンゴールで大阪に追いつかれ痛恨のドロー。勝点1の獲得にとどまる。

逆に浦安は今シーズンから川原永光を新守護神に迎えた浜松をホームで撃破。星翔太、稲葉洸太郎などのゴールで順当に勝点3を積み上げた。

第3節最大の衝撃。王者・名古屋を相手に黄色く染まった町田市立総合体育館にて町田が大勝

第3節最後の試合は絶対王者である名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田の一戦。

すみだvs府中戦も行われた町田市立総合体育館は2000人を超える観客で埋まった。

町田の1点リードで前半を折り返すと、後半は名古屋も怒涛の反撃。

森岡薫を中心にした名古屋の攻撃に対し、ゴレイロのイゴールを最後の砦とし懸命に守る町田。

逆に横江怜の連続ゴールで点差を広げると、名古屋もペドロ・コスタをGKとしパワープレーを開始。

町田はなんとか凌ぎ切り、終わってみれば6-2で町田の大勝。

なお、8シーズン目を迎えたFリーグで、ペスカドーラ町田が名古屋オーシャンズを破ったのはこれが初めてとなる。

Fリーグ2014-15シーズン 第3節結果

  • 大阪 1-1 大分
  • 神戸 4-1 湘南
  • 浦安 4-0 浜松
  • 北海道 2-1 仙台
  • すみだ 2-1 府中
  • 町田 6-2 名古屋