Fリーグ2014/2015 第32節、シュライカー大阪と府中アスレティックFCのプレーオフ進出権争いは最終節までもつれ込む

2月7日、8日にFリーグ2014-15シーズン第32節が全国各地で行われた。

まだ決まっていないプレーオフ進出チームはあと1つ。その枠を争っているのがシュライカー大阪と府中アスレティックFCだ。

勝利が絶対条件の府中アスレティックFCは、アウェーでの湘南ベルマーレ戦。点の奪い合いとなったこの試合、残り1分で田村研人が勝ち越しゴールを決め、府中アスレティックFCがなんとか勝利した。

シュライカー大阪はアウェーでバルドラール浦安と対戦。森秀太のゴールで先制するも、三木一将に2ゴールを奪われるなどし、バルドラール浦安に逆転負け。

プレーオフ進出権をかけた5位争いの決着は、最終節となる第33節に持ち越しとなった。

Fリーグ2014-15シーズン第32節の結果は以下のとおり。

  • ヴォスクオーレ仙台 1-3 デウソン神戸
  • ペスカドーラ町田 2-4 バサジィ大分
  • 湘南ベルマーレ 6-7 府中アスレティックFC
  • エスポラーダ北海道 3-3 名古屋オーシャンズ
  • バルドラール浦安 5-3 シュライカー大阪
  • アグレミーナ浜松 1-2 フウガドールすみだ