Fリーグ2014/2015 第33節、プレーオフ最後の枠はシュライカー大阪に決定

2月14日、15日にFリーグ2014-15シーズンの最終節となる第33節が全国各地で行われた。

プレーオフ最後の枠を争っていた府中アスレティックFCとシュライカー大阪。

勝利が絶対条件だった府中アスレティックFCが土曜日のバサジィ大分戦で引き分けたため、日曜日の試合を待たずにシュライカー大阪のプレーオフ進出が決定。

また、このレギュラーシーズンの最終節で、名古屋オーシャンズの北原亘とペスカドーラ町田のイゴールが怪我からの復帰を果たしている。Fリーグのプレーオフ、プーマカップでの活躍が期待される。

Fリーグ2014-15シーズン第33節の結果は以下のとおり。

  • フウガドールすみだ 5-1 ヴォスクオーレ仙台
  • 府中アスレティックFC 3-3 バサジィ大分
  • エスポラーダ北海道 3-2 アグレミーナ浜松
  • 名古屋オーシャンズ 5-2 湘南ベルマーレ
  • デウソン神戸 2-1 バルドラール浦安
  • ペスカドーラ町田 4-4 シュライカー大阪

Fリーグ2014-15シーズン最終成績

レギュラーシーズンを終えての最終成績は以下のとおり。

最終順位

  1. 名古屋オーシャンズ
  2. バサジィ大分
  3. バルドラール浦安
  4. エスポラーダ北海道
  5. シュライカー大阪
  6. フウガドールすみだ
  7. 府中アスレティックFC
  8. ペスカドーラ町田
  9. デウソン神戸
  10. 湘南ベルマーレ
  11. ヴォスクオーレ仙台
  12. アグレミーナ浜松

第1節から第33節までの順位推移勝ち点推移得失点差推移の各推移グラフ。

得点ランキング

名古屋オーシャンズの森岡薫が4年連続の得点王に輝く。

  1. 森岡薫(名古屋オーシャンズ)31ゴール
  2. ヴィニシウス(シュライカー大阪)28ゴール
  3. 仁部屋和弘(バサジィ大分)25ゴール
  4. 宮崎曉(フウガドールすみだ)23ゴール
  5. 星翔太(バルドラール浦安)22ゴール、小曽戸允哉(バサジィ大分)22ゴール

Fリーグ2014-15シーズンプレーオフの組み合わせと日程

レギュラーシーズンを終えて、プレーオフの組み合わせと日程は下記に決まった。

プレーオフ 1st Round(2月20日、墨田区総合体育館)
バサジィ大分 vs シュライカー大阪
バルドラール浦安 vs エスポラーダ北海道
プレーオフ 2nd Round(2月21日、墨田区総合体育館)
1st Roundの勝者同士の対戦
プレーオフ Final Round(2月28日・3月1日、テバオーシャンアリーナ)
名古屋オーシャンズ vs 2nd Roundの勝者
レギュラーシーズン1位の名古屋オーシャンズには1勝のアドバンテージを付与