Fリーグ2014/2015 第7節、絶対王者・名古屋オーシャンズが今シーズン初の首位へ

Fリーグ2014-15シーズンの第7節が、8月2日、3日に全国各地で行われた。

首位を守っていたバサジィ大分はホームにバルドラール浦安を迎えた。仁部屋和弘のゴールで先制するも、最後は星翔太、完山徹一に連続ゴールを許し痛恨の逆転負け。第4節から守っていた首位の座から2位へ後退した。

前節2位だった名古屋オーシャンズはアグレミーナ浜松と対戦。相手ゴレイロに元・名古屋オーシャンズの川原永光と石黒紘久がいる影響か、苦戦したものの最後は地力の差を見せ、渡邉知晃が勝ち越しゴール。今シーズン初となる首位に踊りでた。絶対王者として、この先このまま1位を独走するのか。

その他、開幕6連敗だった府中アスレティックFCは7戦目でようやく勝点1を手にしている。

Fリーグ2014/2015 第7節の結果は以下のとおり。

  • エスポラーダ北海道 4-4 府中アスレティックFC
  • バサジィ大分 2-3 バルドラール浦安
  • シュライカー大阪 3-1 ヴォスクオーレ仙台
  • 名古屋オーシャンズ 5-4 アグレミーナ浜松
  • ペスカドーラ町田 2-2 湘南ベルマーレ
  • デウソン神戸 4-5 フウガドールすみだ