Fリーグのスポンサーのほとんどが2014-15シーズンで撤退の模様

Fリーグ2014/2015シーズン COO総括

  • www.fleague.jp
残念なことですが、そのうち、長い間Fリーグをご協賛くださっていた森永製菓(株)、SPORTS DEPO((株)アルペン)、(株)コナミデジタルエンタテインメント、アシックスジャパン(株)、(株)ミカサの各社は、このシーズンを最後にスポンサー、パートナーからおりられることになりました。

3月31日、Fリーグ2014-15シーズンの総括として、松崎康弘COOのコメントがFリーグ公式サイトにアップされた。

2014-15シーズン総括として、ヴォスクオーレ仙台とフウガドールすみだの新規参入から話が始まり、名古屋オーシャンズのFリーグタイトル、オーシャンカップ、全日本フットサル選手権大会、AFCフットサルクラブ選手権優勝という四冠について冒頭で触れている。

しかし、途中からネガティブな話題が始まり、沖縄セントラルの開催地変更理由を『財務状況が悪化』と表明。

そして最後には、下記の各社が2014-15シーズンを最後にスポンサーから撤退することを発表している。

  • 森永製菓
  • SPORTS DEPO
  • コナミデジタルエンタテインメント
  • アシックスジャパン
  • ミカサ

"powered by inゼリー"としてタイトルスポンサーとなっていた森永製菓の撤退による影響は大きそうだ。

ただ、松崎康弘COOの原文の中で、社名の後に「様」がない段階で、妥当な結果という感もあり。