Fリーグ2015/2016 個人表彰対象となった選手一覧

12月26日、Fリーグは2015-16シーズンの個人表彰の対象となるノミネート選手を発表した。

ノミネートされた全17選手は以下のとおり。

ゴレイロ
関口 優志(エスポラーダ北海道)
イゴール(ペスカドーラ町田)
篠田 龍馬(名古屋オーシャンズ)
フィールドプレーヤー
清水 和也(フウガドールすみだ)
西谷 良介(フウガドールすみだ)
皆本 晃(府中アスレティックFC)
完山 徹一(府中アスレティックFC)
酒井 ラファエル 良男(名古屋オーシャンズ)
森岡 薫(名古屋オーシャンズ)
シンビーニャ(名古屋オーシャンズ)
セルジーニョ(名古屋オーシャンズ)
ペドロ・コスタ(名古屋オーシャンズ)
中村 友亮(名古屋オーシャンズ)
アルトゥール(シュライカー大阪)
ヴィニシウス(シュライカー大阪)
小曽戸 允哉(シュライカー大阪)
仁部屋 和弘(バサジィ大分)

クラブチーム別の個人表彰ノミネート人数

チーム別の内訳は下記のとおり。

  1. 名古屋オーシャンズ 7名
  2. シュライカー大阪 3名
  3. フウガドールすみだ 2名
  4. 府中アスレティックFC 2名
  5. ペスカドーラ町田 1名
  6. エスポラーダ北海道 1名
  7. バサジィ大分 1名

名古屋オーシャンズ所属選手が全体の4割を占めている。さすが、フットサル界の絶対王者と言われるクラブだ。

また、外国人選手は35パーセントを占めた。

レギュラーシーズン2位だったペスカドーラ町田からは、イゴールのみが選出されているのも特徴のひとつだろう。