Fリーグ2015/2016 開幕節、名古屋オーシャンズは快勝で開幕戦を飾り、ナオト・インティライミが会場を盛り上げた

2015年5月2日、3日に代々木第一体育館で2015-16シーズンの開幕を迎えたFリーグ。

今シーズンから多くのスポンサーが入れ替わるなどし、タイトルスポンサーがゼビオになったことから、名称は「SuperSports XEBIO Fリーグ」となった。

また、開幕恒例の代々木セントラルでは、公式テーマソング「Brave」を歌うナオト・インティライミがエキシビジョンマッチでプレーしたり、ライブに登場するなど、イベントが多く盛り込まれていた。

ただ、実際の集客面では、ライブ終了前後での観客数がそれぞれ、初日「4,002人→2,527人」、2日目「3,007人→2,002人」と大幅に数字を落としていることから厳しいことを伺わせた。

ナオト・インティライミの多くのファンはフットサルやFリーグに魅力を感じず、ライブ後に退場してしまった。

名古屋オーシャンズは盤石の強さ

試合の方に目を移すと、開幕戦に登場したのは名古屋オーシャンズとフウガドールすみだ。

稲葉洸太郎、西谷良介、渡井博之を補強し、新シーズンに臨んだフウガドールすみだ。しかし、結果は名古屋オーシャンズに返り討ちにされている。スタメンを外れベストコンディションではない森岡薫も早速ゴールを決めるなど、2015-16シーズンも名古屋オーシャンズが圧倒的な優勝候補だろう。

Fリーグ2015-16シーズン開幕節の結果は以下のとおり。

  • フウガドールすみだ 3-5 名古屋オーシャンズ
  • ヴォスクオーレ仙台 0-3 ペスカドーラ町田
  • 府中アスレティックFC 6-1 アグレミーナ浜松
  • バサジィ大分 5-2 シュライカー大阪
  • 湘南ベルマーレ 1-8 バルドラール浦安
  • エスポラーダ北海道 2-1 デウソン神戸

2015-16シーズンの順位推移・勝点推移・得失点差推移の各グラフ

Fリーグ2015-16シーズンも、順位、勝点、得失点差の各節における変動を可視化した「推移グラフ」を更新していく。

それぞれのURLは下記となる。