Fリーグ2015/2016 第14節、オーシャンカップ・神戸フェスタ2015で準優勝に終わった名古屋オーシャンズがリーグ戦では開幕連勝をキープ

7月25日、26日にFリーグ2015-16シーズン第14節が全国各地で行われた。

決勝戦で府中アスレティックFCに敗れたため、2015-16シーズンの一冠目となる「オーシャンカップ・神戸フェスタ2015」を準優勝で終えた名古屋オーシャンズ。

その名古屋オーシャンズはホーム・テバオーシャンアリーナにエスポラーダ北海道を迎えた。試合開始早々に森岡薫のゴールで先制すると、途中にエスポラーダ北海道に1点差にまで詰め寄られるも最後はペドロ・コスタと森岡薫がこの日2得点目を決め勝負あり。終わってみれば、名古屋オーシャンズの完勝だった。

またこの日の試合が、吉川智貴の国内での最後の試合となった。2015年8月10日付でFリーグの登録を抹消し、LNFSのマグナ・グルペアへ2年間のレンタル移籍となることが発表されている。

その他、ペスカドーラ町田はデウソン神戸と対戦。ゴレイロをイゴールから小野寺優介にスイッチする余裕を見せる圧勝だった。

Fリーグ2015-16シーズン第14節の結果は以下のとおり。

  • バルドラール浦安 0-1 シュライカー大阪
  • 湘南ベルマーレ 5-0 ヴォスクオーレ仙台
  • アグレミーナ浜松 0-2 バサジィ大分
  • フウガドールすみだ 5-5 府中アスレティックFC
  • 名古屋オーシャンズ 6-3 エスポラーダ北海道
  • ペスカドーラ町田 7-1 デウソン神戸