Fリーグ2015/2016 第15&16節、名古屋オーシャンズの開幕連勝は15で途切れる

AFCフットサルクラブ選手権に参加する関係で行われていなかった名古屋オーシャンズの第15節と第16節が、8月23日と30日にそれぞれ行われた。

8月23日にテバオーシャンアリーナにて、第16節のシュライカー大阪戦が行われた。ヴィニシウス、加藤未渚実にゴールを決められ、名古屋オーシャンズは前半を1点ビハインドで折り返す。後半に入り、前鈍内マティアスエルナンが同点ゴール、中村友亮が逆転ゴールを決めた。そして、最後は第2PKを森岡薫が決めシュライカー大阪に勝利している。

そして、8月30日にはアウェーとなるビーコンプラザで、バサジィ大分と対戦。点の取り合いとなったこの試合、シンビーニャの連続ゴールで、名古屋オーシャンズが1度は逆転したが、試合時間残り3秒でバサジィ大分の芝野創太が決勝ゴール。

名古屋オーシャンズがFリーグ開幕から16試合目で、今シーズンの初黒星を喫した。

名古屋オーシャンズのFリーグ2015-16シーズン第15節、第16節の結果は以下のとおり。

第15節
バサジィ大分 6-5 名古屋オーシャンズ
第16節
名古屋オーシャンズ 4-2 シュライカー大阪