Fリーグ2015/2016 第17節、名古屋オーシャンズがアウェーでフウガドールすみだに完勝

Fリーグ2015-16シーズン第17節が9月4日から6日にかけて、全国各地で行われた。

注目は墨田区総合体育館でのフウガドールすみだvs名古屋オーシャンズの一戦。立ち見客も出た1,636名の超満員札止めの観客数。この舞台でも名古屋オーシャンズの強さが際立った。すでにフットサル日本代表に完全に定着した酒井ラファエル良男が5分に先制ゴールを奪うと、フウガドールすみだのオウンゴールにより2点差で前半を折り返す。後半にはシンビーニャのゴールで点差を広げ、危なげない完勝。

2位を走るペスカドーラ町田は、アウェーでヴォスクオーレ仙台に勝利。離されてはいるが、首位の名古屋オーシャンズを追いかけている。

中位同士の対決となったバサジィ大分vsシュライカー大阪。森岡薫と得点王争いを演じているヴィニシウスがハットトリックの大活躍。アウェーで勝点3を手にした。

Fリーグ2015-16シーズン第17節の結果は以下のとおり。

  • 府中アスレティックFC 8-2 アグレミーナ浜松
  • バサジィ大分 2-4 シュライカー大阪
  • ヴォスクオーレ仙台 2-4 ペスカドーラ町田
  • エスポラーダ北海道 0-0 デウソン神戸
  • フウガドールすみだ 0-3 名古屋オーシャンズ
  • 湘南ベルマーレ 3-4 バルドラール浦安