Fリーグ2015/2016 第31節、小田原セントラルでシュライカー大阪とフウガドールすみだのプレーオフ進出が決定

11月21日と22日に小田原アリーナで、Fリーグ2015-16シーズン第31節が行われた。

「小田原セントラル」としてセントラル開催となった今節、シュライカー大阪とフウガドールすみだがプレーオフ進出を決めた。

プレーオフの最後の椅子を争う府中アスレティックFC、エスポラーダ北海道、バサジィ大分が勝点51で並んでいる。

レギュラーシーズンは残り2節。激しいプレーオフ争いが期待される。

Fリーグ2015-16シーズン第31節の結果は以下のとおり。

  • バサジィ大分 3-8 エスポラーダ北海道
  • 名古屋オーシャンズ 4-2 デウソン神戸
  • シュライカー大阪 4-2 アグレミーナ浜松
  • 府中アスレティックFC 4-1 ヴォスクオーレ仙台
  • フウガドールすみだ 5-1 湘南ベルマーレ
  • バルドラール浦安 2-7 ペスカドーラ町田