Fリーグ2015/2016 第9・10節、名古屋オーシャンズがバサジィ大分との直接対決を制し、勝ち点差を9に広げる

Fリーグ2015-16シーズンの第9節と第10節が、6月19日から21日にかけて全国各地で行われた。

連戦のスケジュールとなったこの第9節と第10節。注目カードはやはり第10節の名古屋オーシャンズ対バサジィ大分戦だっただろう。

前半のうちにペドロ・コスタ、八木聖人のゴールで名古屋オーシャンズが差を広げると、バサジィ大分は前半で早くもパワープレーを行なう時間帯もあった。森岡薫の第2PKによる得点など、終わってみれば点差以上にチーム力の差を感じさせる名古屋オーシャンズの完勝だった。

その他、バルドラール浦安、フウガドールすみだが連敗を脱出している。

Fリーグ2015-16シーズン第9節と第10節の結果は以下のとおり。

第9節
バルドラール浦安 5-9 シュライカー大阪
フウガドールすみだ 1-2 府中アスレティックFC
ペスカドーラ町田 1-1 デウソン神戸
湘南ベルマーレ 0-1 ヴォスクオーレ仙台
アグレミーナ浜松 1-5 バサジィ大分
名古屋オーシャンズ 4-0 エスポラーダ北海道
第10節
湘南ベルマーレ 2-6 府中アスレティックFC
バルドラール浦安 6-1 デウソン神戸
フウガドールすみだ 5-1 ヴォスクオーレ仙台
ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪
アグレミーナ浜松 3-6 エスポラーダ北海道
名古屋オーシャンズ 4-1 バサジィ大分