Fリーグ2015/2016 プレーオフ、府中アスレティックFCがFinal Roundへ進出

2016年1月5日に東京の町田市立総合体育館で、Fリーグ2015-16シーズンのプレーオフが始まった。

1st Roundの対戦カードは、レギュラーシーズン3位のフウガドールすみだvs4位のシュライカー大阪、レギュラーシーズン2位のペスカドーラ町田vs5位の府中アスレティックFC。

第1試合では小曽戸允哉とヴィニシウスが2ゴールを決めたシュライカー大阪がフウガドールすみだの反撃を抑え、まずは2nd Roundに進出した。

続いて行われた第2試合では、府中アスレティックFCがソロカーバの2ゴールで前半リードで折り返す。しかし、ペスカドーラ町田が金山友紀の同点ゴールで追いつき、レギュレーション上で府中アスレティックFCが敗退の危機に追い込まれる。ここから、府中アスレティックFCがパワープレーを開始し永島俊のゴールで勝ち越すと、さらに追加点を加えて府中アスレティックFCが2nd Roundへ駒を進めた。

6日には、4/5位決定戦と2nd Roundが行われた。

4/5位決定戦は、フウガドールすみだがペスカドーラ町田に競り勝ち、4位となった。

2nd Roundは、前半早々にPKを獲得し府中アスレティックFCが先制。その後も点の奪い合いとなったが、府中アスレティックFCがゴレイロのクロモトのファインセーブ連発もあり逃げ切った。

この結果、Fリーグ年間王者を決めるFinal Roundは名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFCとなった。

Fリーグ2015-16シーズンプレーオフ初日、2日目の結果は以下のとおり。

1st Round
フウガドールすみだ 2-5 シュライカー大阪
ペスカドーラ町田 2-5 府中アスレティックFC
4/5位決定戦
ペスカドーラ町田 3-4 フウガドールすみだ
2nd Round
シュライカー大阪 3-4 府中アスレティックFC