Fリーグ2016/2017 第14節、リーグ再開後も上位3チームは安定の強さ

フットサルW杯も終えて、Fリーグもいよいよリーグ再開。

Fリーグ2016-17シーズン第14節が、10月14日から16日にかけて全国各地で行われた。

首位を走るフウガドールすみだはホームでアグレミーナ浜松と対戦。前半の早い時間に清水和也と太見寿人がゴールを決めて幸先いい試合展開。しかし、そこから追加点を奪えず、逆にアグレミーナ浜松に1点を許してしまう。しかし、そのままフウガドールすみだが逃げ切り勝ち点3を積み重ねた。

そのフウガドールすみだを追いかける名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪は共に3点差で勝利している。

Fリーグ2016-17シーズン第14節の結果は以下のとおり。

  • フウガドールすみだ 2-1 アグレミーナ浜松
  • 府中アスレティックFC 3-2 湘南ベルマーレ
  • エスポラーダ北海道 1-4 名古屋オーシャンズ
  • シュライカー大阪 6-3 バルドラール浦安
  • デウソン神戸 1-5 ペスカドーラ町田
  • バサジィ大分 1-5 ヴォスクオーレ仙台