フウガドールすみだが活動資金補てんにクラウドファンディングを活用。

フットサルで子供たちに夢を!フウガドールすみだFリーグ昇格優勝&応援プロジェクト プロジェクト詳細 - Makuake(マクアケ)

  • www.makuake.com
このプロジェクトは、チーム結成から14年目を迎えて今年Fリーグに参入する、墨田区を拠点にしたフットサルチーム「フウガドールすみだ」の活動に必要な支援を、みなさんにご支援・応援頂き、Fリーグでの優勝を目指すプロジェクトです。

クラウドファンディングってなんぞや?

教科書通りの説明ですが、クラウドファンディングとは英語で書くと"Crowd Funding"、意味合いとしては『主にインターネット上で、不特定多数の人から資金面などでの協力を得る』ことを指します。

日本だと、「CAMPFIRE」などが有名なクラウドファンディングサービスの1つです。

今回、フウガドールすみだが利用したのはサイバーエージェントが運営するクラウドファンディング「Makuake」。

いよいよ2014-2015シーズンからFリーグに参入するフウガすみだですが、フットサルファンの興味は当然のように『短期決戦でのFリーグクラブとの対戦と違い、シーズンを通してFリーグクラブ相手に通用するのか?』というフットサルチームとしてのチカラの部分でしょう。(そりゃそうだ)

自分的に興味があるのは『人気実力を兼ね備えた』という触れ込みの"人気"の部分。

東京を本拠地とした関東フットサルリーグ1部の常勝軍団、監督が書いた本は増刷、としてフウガすみだは知られていますが、個人的に少し疑問符をつけているのが「本当に墨田区総合体育館が客で埋まるのか」という点。

関東フットサルリーグは観戦無料。Fリーグも当初はタダ券配布をしていましたが現在は有料チケットを買うようになっている。

その中で、関東フットサルリーグ時代に無料で観に来ていたサポーターがどれだけお金を払って試合を観に来るか。

フウガドールすみだのホームゲームにはそういう意味で注目しているわけですが、その点では今回のクラウドファンディングの試みも少し参考になりますね。

ツイート数やFacebookのいいね数は伸びても、金額が集まるのか。注目です。