ペドロ・コスタが現役を引退し、2016-17シーズンから名古屋オーシャンズ監督に就任

1月18日、名古屋オーシャンズはビクトル・アコスタ監督とペドロ・コスタ選手についてのプレスリリースを発表した。

まず現監督であるビクトル・アコスタ・ガルシアが2015-16シーズン終了をもって、名古屋オーシャンズ監督を退任する。

そして、後任の監督には名古屋オーシャンズトップチームの現キャプテンであるペドロ・コスタが就任する。ペドロ・コスタは現役を続行してのいわゆるプレーイング・マネージャーではなく、現役を引退しての就任となる。

名古屋オーシャンズは、森岡薫との契約を更改しない理由を「チームの若返りのため」としていた。ペドロ・コスタはその森岡薫よりも年上だ。ペドロ・コスタの現役引退からの監督就任は、その帳尻を合わせる意味もあったのだろう。

2016-17シーズンの名古屋オーシャンズは大きく様変わりしそうだ。

ペドロ・コスタのフットサルキャリア

ペドロ・コスタのフットサル選手としてのキャリアは以下のとおり。

  1. 1997-2001 スポルティング(ポルトガル)
  2. 2001-2002 フレシェイロ(ポルトガル)
  3. 2002-2005 ベンフィカ(ポルトガル)
  4. 2005-2006 トリマン・ナバーラ(スペイン)
  5. 2006-2011 ベンフィカ(ポルトガル)
  6. 2011-2016 名古屋オーシャンズ(日本)