Fリーグクラブ同士の対戦をデウソン神戸が制する(第21回 全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド3日目結果)

3月6日、第21回 全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド3日目の試合が行われた。

決勝ラウンド進出をかけた戦いの中で、注目はFリーグクラブ同士の対戦だった。

デウソン神戸はバサジィ大分と対戦。前半はスコアレスだったが、後半に森洸と岡崎チアゴのゴールで勝利し、決勝ラウンド進出を決めた。

アグレミーナ浜松とエスポラーダ北海道の一戦は、終盤に点の取り合いとなり、終わってみれば引き分けとなった。結果、エスポラーダ北海道が決勝ラウンドに駒を進めた。

関東地域第2代表の柏TOR'82はエスポルカーナMFCに勝利した。また、関東地域第1代表のコロナ FC/権田はミキハウスフットサルクラブと接戦を演じたものの敗れている。

その他、第21回 全日本フットサル選手権大会 1次ラウンド3日目の結果は以下のとおり。

グループA
柏TOR'82 5-1 エスポルカーナMFC
フウガドールすみだ 11-1 徳島ラパス
グループB
ミキハウスフットサルクラブ 4-3 コロナ FC/権田
アグレミーナ浜松 2-2 エスポラーダ北海道
グループC
ヴォスクオーレ仙台サテライト 4-4 メンバーオブザギャング
府中アスレティックFC 2-1 SWH フットサルクラブ
グループD
リガーレ東京 2-0 D.C 旭川 FC
シュライカー大阪 9-1 湘南ベルマーレ
グループE
広島エフ・ドゥ 3-6 名古屋オーシャンズ サテライト
バルドラール浦安 3-1 ヴォスクオーレ仙台
グループF
ボアルース長野 2-2 R,D/ディノ
デウソン神戸 2-0 バサジィ大分