第11回全日本大学フットサル大会はワイルドカードで勝ち上がった同志社大学フットサルクラブトレボルが初優勝を飾る

第11回全日本大学フットサル大会は同志社大学フットサルクラブトレボルの初優勝で幕を下ろした。

決勝戦は、広島大学体育会フットサル部エフ・ドゥと同志社大学フットサルクラブトレボルの対戦となった。

試合開始早々の前半2分、渋谷大山が先制点を決めて同志社大学フットサルクラブトレボルがリード。7分には谷口善紀が追加点を入れて、同志社大学フットサルクラブトレボルが点差を広げた。

その後、広島大学体育会フットサル部エフ・ドゥの攻撃を無失点に抑え、2-0のままタイムアップ。同志社大学フットサルクラブトレボルが初優勝を飾った。

第11回全日本大学フットサル大会の決勝ラウンド結果

第11回全日本大学フットサル大会の決勝ラウンドの結果は以下のとおり。

準決勝
順天堂大学ガジル 4-4(PK 1-2) 広島大学体育会フットサル部エフ・ドゥ
多摩大学体育会フットサル部 2-9 同志社大学フットサルクラブトレボル
決勝
広島大学体育会フットサル部エフ・ドゥ 0-2 同志社大学フットサルクラブトレボル