第2回全日本ユースフットサル大会のグループステージ結果

第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会がゼビオアリーナ仙台、仙台市体育館の2会場で、8月20日から23日にかけて行われた。

2014年に行われた第1回大会は、聖和学園FCが名古屋オーシャンズU-18を破り、見事に優勝を果たした。

U-18フットサル日本代表監督を務める小森隆弘も観戦する中、第2回大会の頂点を目指し16チームが競い合った。

U-18のこの大会では、参加するチームの色は大きく2つに分かれる。純粋なフットサルのチームと、高校のサッカー部がフットサルをやっているチームだ。

第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会のグループステージの結果は以下のとおり。

グループA

  1. エスパッソU-18(東海地域代表/静岡県)
  2. 京都府立久御山高等学校(関西地域第1代表/京都府)
  3. 北海道清水高等学校(北海道地域第4代表/北海道)
  4. 沖縄県立読谷高等学校(九州地域代表/沖縄県)

フットサルスクールとして活動しているエスパッソが3戦全勝で首位通過。監督はモンテイロ・マルコス。

グループB

  1. 岡山県作陽高等学校(中国地域代表/岡山県)
  2. FC聖和学園(東北地域第1代表/宮城県)
  3. クラーク記念国際高等学校(関西地域第2代表/兵庫県)
  4. サンクFCくりやまU-18(北海道地域第1代表/北海道)

グループBを1位で突破したのは、岡山県の作陽高校。サッカー日本代表選手の青山敏弘などを輩出している高校サッカー界の強豪校だ。第2節のFC聖和学園戦に勝利し、2勝1分の戦績で決勝ラウンドに進出した。

グループC

  1. 帝京長岡高等学校サッカー部(北信越地域代表/新潟県)
  2. 札幌大谷高等学校(北海道地域第2代表/北海道)
  3. SC聖和学園(開催地代表/宮城県)
  4. 佐野日本大学高等学校(関東地域第2代表/栃木県)

帝京長岡高等学校サッカー部と札幌大谷高等学校が共に2勝1分。この2チームが共に決勝ラウンドに進んだ。

グループD

  1. PSTCロンドリーナU-18(関東地域第1代表/神奈川県)
  2. 北海道釧路北陽高等学校(北海道地域第3代表/北海道)
  3. 香川県立高松商業高等学校(四国地域代表/香川県)
  4. 聖和学園高等学校フットサル部(東北地域第2代表/宮城県)

高校のフットサル部として参加している聖和学園高等学校フットサル部は3戦全敗。PSTCロンドリーナU-18が全勝で首位通過となった。