フットサル日本女子代表は、第6回世界女子フットサルトーナメントを最下位で終える

11月24日にグアテマラで開幕した第6回世界女子フットサルトーナメント。

グループBに入り、ロシア、スペイン、グアテマラとグループステージを争ったフットサル日本女子代表は3戦全敗で、7・8位決定戦へと臨んだ。

対戦相手は同じアジアのフットサルイラン女子代表。前半を1点ビハインドで折り返すと、後半に1点ずつを奪い合い、結果的に1-2で敗れた。フットサル日本女子代表の得点者は櫻田未来。

これで4戦全敗の最下位となり、フットサル日本女子代表は第6回世界女子フットサルトーナメントを終えた。

第6回世界女子フットサルトーナメント グアテマラ2015におけるフットサル日本女子代表の結果は以下のとおり。

グループステージ
フットサル日本女子代表 1-2 フットサルグアテマラ女子代表
フットサル日本女子代表 2-5 フットサルスペイン女子代表
フットサル日本女子代表 0-2 フットサルロシア女子代表
7・8位決定戦
フットサル日本女子代表 1-2 フットサルイラン女子代表