逸見勝利ラファエルも活躍したベンフィカがフットサルポルトガルリーグ2014-15シーズンを制覇

フットサル日本代表にも名を連ねる逸見勝利ラファエルが所属するベンフィカが、フットサルポルトガルリーグ2014-15シーズンで優勝した。

逸見勝利ラファエルは、2013年4月にFリーグの名古屋オーシャンズを退団し、アラブ首長国連邦のアルワスルに移籍。そこから、ポルトガルの名門ベンフィカへの移籍が発表されたのが2013年7月9日だった。

その後、逸見勝利ラファエルはベンフィカで主軸として活躍していて、名古屋オーシャンズでのFリーグタイトルに続き、異国の地でもリーグ王者の一員となった。

ポルトガルリーグのプレーオフ決勝は、5試合のうち先に3勝したチームが優勝となるレギュレーション。

プレーオフ決勝の対戦カードは、ベンフィカとスポルティング・リスボン。

4試合行われたプレーオフ決勝で、逸見勝利ラファエルは2ゴール1アシストと個人としても結果を残した。

ポルトガルリーグ2014-15シーズンのプレーオフ決勝の結果は以下のとおり。

  1. ベンフィカ 2-1 スポルティング・リスボン(逸見勝利ラファエル: 1ゴール)
  2. ベンフィカ 4-7 スポルティング・リスボン(逸見勝利ラファエル: 1アシスト)
  3. ベンフィカ 3-1 スポルティング・リスボン(逸見勝利ラファエル: 1ゴール)
  4. ベンフィカ 2-2 スポルティング・リスボン(PK戦でベンフィカが勝利)