LNFS2014-15シーズンのプレーオフ決勝は、4試合で9得点のリカルジーニョが所属するインテル・モビスターが勝利しリーグ制覇

LNFS(スペインフットサルリーグ)におけるシーズンのクライマックスとなるプレーオフ決勝が6月6日から15日にかけて行われた。

2014-15シーズンのリーグタイトルを争ったのはインテル・モビスターとエルポソ・ムルシア。サッカーのバルセロナとレアル・マドリードの一戦を「エル・クラシコ(伝統の一戦)」と呼ぶのは日本のフットボールファンでもお馴染みとなっているが、フットサルにおける「エル・クラシコ」はこのインテル・モビスターとエルポソ・ムルシアの対戦カードを指す。

結果は、インテル・モビスターが3勝1敗の戦績でリーグ制覇。

リカルジーニョがプレーオフ決勝4試合で9得点と大暴れし、インテル・モビスターの攻撃を文字通り牽引した。

LNFS2014-15シーズン・プレーオフ決勝の結果は以下のとおり。

  1. インテル・モビスター 7-3 エルポソ・ムルシア(リカルジーニョ5得点)
  2. インテル・モビスター 1-5 エルポソ・ムルシア
  3. インテル・モビスター 3-0 エルポソ・ムルシア(リカルジーニョ1得点)
  4. インテル・モビスター 4-3 エルポソ・ムルシア(リカルジーニョ3得点)