フットサル日本代表の10月上旬イタリア遠征メンバー

フットサル日本代表は、9月30日~10月13日にかけてイタリア遠征を行っている。

本来、Fリーグの中断期間を利用しての海外遠征はブラジルを予定していた。国際大会のフットサル・グランプリに参加予定だったからだ。

しかし、フットサル・グランプリの大会自体が延期されたため、遠征先をブラジルから変更し、日本サッカー協会はイタリアにて地元クラブとのトレーニングマッチを組んだ。

そんなフットサル日本代表のイタリア遠征には、荒牧太郎、永井義文、森秀太らも新しく選出された。ミゲル・ロドリゴ監督の期待に応えることができるか注目される。

イタリアでは、セリエAとセリエA2に所属するクラブと6試合を行う予定。

9月30日~10月13日にかけてのイタリア遠征メンバーは以下のとおり。

ゴレイロ
藤原潤(バルドラール浦安)
関口優志(エスポラーダ北海道)
フィールドプレーヤー
森岡薫(名古屋オーシャンズ)
稲葉洸太郎(バルドラール浦安)
荒牧太郎(バルドラール浦安)
佐藤亮(シュライカー大阪)
渡邉知晃(名古屋オーシャンズ)
滝田学(ペスカドーラ町田)
皆本晃(府中アスレティックFC)
永井義文(ASDフットサル・イソラ)
吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
加藤竜馬(バルドラール浦安)
北嶋佑一(バサジィ大分)
森秀太(シュライカー大阪)