スペイン人監督のブルーノ・ガルシアがフットサル日本代表監督に就任

10月21日、日本サッカー協会がブルーノ・ガルシア新監督の就任記者会見を実施した。

ブルーノ・ガルシア(Bruno García)は、スペイン出身のフットサルコーチ。2016年10月現在、42歳。

LNFSや中国フットサルリーグのクラブでも監督経験がある。

2014年からは日本と同じアジアのフットサルベトナム代表監督を務めた。フットサルベトナム代表監督として、AFCフットサル選手権2016において第4位フットサルW杯2016においてベスト16の実績を残している。

なお、2016年のフットサルW杯コロンビア大会での出場が、ベトナムにとって初めてのFIFAフットサルワールドカップへの出場だった。