大分でのフットサル日本代表候補トレーニングキャンプに稲葉洸太郎と酒井ラファエル良男が追加招集

9月7日から9日にかけて大分県で行われるフットサル日本代表候補トレーニングキャンプの選手変更が日本サッカー協会から発表されている。

まず、シュライカー大阪の永井義文が不参加となった。トレーニングキャンプ直前に体調不良となったことが理由とのこと。

そして、下記2選手が追加招集された。

  • 稲葉 洸太郎(フウガドールすみだ)
  • 酒井ラファエル良男(名古屋オーシャンズ)

注目はやはり、稲葉洸太郎だ。

2015-16シーズン開幕前にバルドラール浦安からフウガドールすみだに移籍。年齢的に完全にベテランの域に達しているが、一度外れたフットサル日本代表に戻ってきた。

ミゲル・ロドリゴ監督が、今後も2016年のフットサルワールドカップまで代表チームに呼び続けるかも気になるところだ。