急上昇ワード第3位に踊り出てしまった、県青少年保護育成条例違反容疑で逮捕の内村俊太

2014年9月17日の「Yahoo!検索データ 急上昇ワード デイリー」

2014年9月16日に神奈川県警により県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕された湘南ベルマーレフットサルクラブ所属の内村俊太。

フットサル界に衝撃を与えたのはもちろんのこと、アスリートの犯罪ということで新聞社の報道もあり、普段フットサルにまったく関心のない層にまで名前が広まっていった。

翌日となる2014年9月17日のYahoo!「急上昇ワード デイリー」では、テレビ東京の大江麻理子アナとの結婚を発表したマネックス証券社長の松本大が1位に入る中、内村俊太は堂々の第3位。

4位の加護亜依を抑えての第3位だ。

「フットサル日本代表」という冠名

今回はフットサルという狭い世界だけでなく新聞社も報道していた。

下記が主要な新聞社による「内村俊太容疑者逮捕」記事のタイトルだ。

朝日新聞
フットサル日本代表、少女にわいせつ行為の疑い 神奈川
読売新聞
少女にわいせつ、フットサル日本代表選手ら逮捕
産経新聞
フットサル日本代表ら逮捕 17歳少女にわいせつ疑い
毎日新聞
少女にわいせつ:容疑でフットサル日本代表らを逮捕

ちなみに湘南ベルマーレについて触れる際に"Fリーグ"という文字はどの新聞社の記事にも登場しない。

逆に言うと、今回は内村俊太が「フットサル日本代表」だから記事になったとも言える。

「フットサル日本代表」と「アマチュア選手」というワードがリンク

あと、一般人の感覚からいくと、今回の記事の感想の一つはこうだろう。

『フットサルの日本代表選手が逮捕かぁ...。えっ、日本代表でアマチュアなの?!』

このことも考えると、内村俊太の逮捕はフットサル界にとっては二重の意味でネガティブなニュースでしたね。