相手DFに近寄ることでパスを出す前に味方のマークを自分に引きつける動き

相手マーカーの間に割って入る動き

パスの受け手となる味方を助けるための個人戦術の解説です。

あえて相手ディフェンスに近寄って行き、自分に対して2人のマークを引き寄せる狙いがあります。そして、引き寄せた後に、フリーとなった味方へパスを出します。

以下、図を使った説明です。

「相手マーカーの間に割って入る動き」解説図01
ボールを持ったAに対してディフェンス1がマーク、オフェンスBに対してディフェンス2がマークについている。
「相手マーカーの間に割って入る動き」解説図02
オフェンスAがディフェンス1と2の間にドリブルで割って入ろうとする。ディフェンス2が近寄ってくる。これによりオフェンスBがフリーとなる。そこにパスを出す。

マンツーマンでディフェンスをしてくる相手に対して、単純にパスを回すと相手ディフェンスに寄せられてしまいます。

それを回避するための戦術です。

ボール保持者が相手ディフェンスに対して意図的に近づいていくことで、一時的に1対2の数的不利な状況を作ります。これにより味方選手1人が一時的にフリーとなります。

そのタイミングでパスを出すことで、味方選手をマークから解放することができます。