ボールホルダーの外側を追い越していく動き「オーバーラップ」

オーバーラップ

ボールホルダーの外側を後方から追い越していく動きのことを「オーバーラップ」といいます。

このオーバーラップはサッカーでも使われる動き方なので、知っている人も多いと思います。

フットサルでは、味方がサイドで1対1を仕掛けている場面で行なうと特に効果的です。

具体例としては、下記の図のような場面が挙げられます。

「オーバーラップの基本的な動き」の解説図面
左サイドでBが1対1を仕掛けている。やや中央寄りにいたAがBの外側を回り、前線へ走り抜ける。Bはタイミングを考慮してAにパス。

オーバーラップした選手はパスコースにもなりますし、相手マークを引きつける囮にもなりえます。

上図では、オーバーラップした選手へパスを出していますが、パスを出さず、囮に引きつけられたディフェンスを尻目に中央へ切れ込むという選択肢も生まれます。

味方のフォローに入る動きとしてオーバーラップを知っておくとプレーの幅が広がりますね。