自分が障害物となることで味方選手をフリーする「ブロック」の基本

味方をフリーするブロック

ブロックとは、他のスポーツで例えるなら、バスケットボールの「スクリーンプレー」に似たコンビネーションプレーです。

つまり、自分の身体を壁のように使い、敵の進路を妨害することで、味方へのマークを外させます。そして、フリーとなった味方にシュートなどを打たせる戦術です。

下図がブロックを使用した典型的なプレーの流れです。

「ブロックの基本」解説図01
BがAにパスを出す。パスを出した後に、BはAに向かって走りポジショニングを移す。
「ブロックの基本」解説図02
BはAのマークに対し、横に立つ。Aが中央へ向かってドリブルした際に、相手マークはBに遮られAを追いかけることができない。結果的に、Aはフリーとなる。

上図では、ブロックを行なうオフェンス選手が「B」で、ブロックの恩恵を受けフリーとなる選手は「A」です。

Aのマークをしていた相手選手をBがブロックすることで、Aはフリーの状態で相手ゴール前に侵入することに成功しています。

ブロックを行なう上での注意点

この「ブロック」というコンビネーションプレーを行なう上で、いくつか気をつけたいポイントがあります。

まず1つ目が、ファウルにならないようにすること。身体をぶつけたり、相手を押したり、相手を掴むなどの行為はファウルとなります。ブロックは、あくまでも「相手の進路上に立つことで進路を妨害する」というプレーです。

2つ目が、障害物となった選手を相手ディフェンスが避けた場合です。上図のBを避けて、相手ディフェンスがAを追いかけていったケースがそれに該当します。この場合、障害物となったBはブロックを続ける必要はありません。一瞬でもフリーとなったAは、相手ディフェンスが追いかけてきてもシュートを打つことが可能だからです。

3つ目が、ブロックをしても意味のないシチュエーションです。ブロック後に味方がフリーとならないような状況では、ブロックを行なっても意味がありません。戦況を見極めた上で、ブロックを行いましょう。