味方が動いた後のスペースを埋める動き

味方が動いた後のスペースを埋める

フットサルは、常に選手がポジショニングを変えていくスポーツです。

しかし、ただ闇雲に動きまわるのではなく、チームとして連動した動きが必要です。

たとえば、下記のように味方選手の動きと連動したプレーが挙げられます。

「スペースを埋める動き」の解説図面
Aがサイドでボールをキープ。Bが前線へ走り出す。右サイドにいたCが、元々Bがいたスペースへ動く。

味方選手の動きにより生まれたスペースを埋めることは、同時に自分たちのディフェンスにも寄与します。

前線へ抜けた選手のスペースを埋めずにボールを奪われた場合、確実に相手のカウンターを受けるからです。

スペースを埋めるプレーはオフェンスの動きですが、同時にディフェンスにもなっていることを意識したいですね。