最もシンプルな連携プレーである「壁パス」のセオリー

壁パスのセオリー

壁パス(ワンツー・パス)は、フットサルの連携プレーの中でも最もシンプルなプレーとなります。

その名の通り、味方にパスをした選手が前方のスペースへ走り、自分をマークしていた相手ディフェンスをかわして、壁役となった味方選手からリターンパスを受けるというのが一連の流れです。

インサイドキックによる短いパスを2本連続で通すだけで成立するので、コンビネーションプレーの中では難易度の低いものになります。

ただ、連携プレー自体は簡単ではありますが、相手マークを外して前線でフリーの状態でボールを受けることができるという効果の面では、他の連携プレーに劣るものではありません。

「壁パスのセオリー」解説図面01
左サイドで相手と対峙するオフェンスAが右前方のオフェンスBにパスを出す。
「壁パスのセオリー」解説図面02
オフェンスAをマークしていたディフェンス1がオフェンスBの方を向く。ディフェンス2もオフェンスBへ近づく。パスを出したオフェンスAが前方のスペースへ走り込み、リターンパスを受けた。

ポイントは「視界から消える」「敵を引きつける」

壁パスを成功させるポイントは2つです。

  • 相手マークの視界から消えながら前方へ走り込む
  • リターンパスを出す前に充分に相手ディフェンスを引きつける

1つ目は、前方のスペースへ走り込む際に相手マークがボールの行方を目で追ったときを見逃さないことです。自分から目をそらしたタイミングを逃さず前線へ駆けることで、フリーでリターンパスを受けることができます。

2つ目は、リターンパスを出す選手が相手ディフェンスをしっかり引きつけることです。早過ぎるタイミングでリターンパスを出しても、相手ディフェンスのカバーリングを許してしまうことにもなります。

機械的にリターンパスをしないことが大切

機械的に壁パスを行なってしまうと相手ディフェンスに先を読まれた場合に確実にパスカットされてしまいます。

壁パスをしようという意図が攻撃側の2人にあったとしても、必ずしもリターンパスまで終えないといけないわけではありません。

「壁パスのセオリー」解説図面03
ディフェンス2が壁パスを読みインターセプトを狙っている。オフェンスBはリターンパスを出さずに自らドリブルでゴール前に運びシュートを打った。

上図のように、相手ディフェンスがリターンパスをインターセプトしようと狙っていることが察知できた場合、壁パスを中止しそのまま自分でシュートまで持っていくことも選択肢のひとつです。