折れるような動き「ケブラ」の活用例2つ

ケブラのパターン2つ

ケブラとは「折れる」という意味のポルトガル語です。

では、実際にどのように「折れる」ような動きをすればいいのでしょうか。

フットサルのオフェンスにおいて、相手マークを外す際に大切になることの1つに「ボールと自分を同一視野に入れさせない」ことが挙げられます。

いくらマンマークで自分についている相手ディフェンスも、ボールホルダーを見なければいけない時間があります。

その際に、マークの対象選手とボールを保持する選手を同時に見れないようなポジショニングを心がけることがオフェンス側の選手には必要です。

今回のケブラという動きは、ディフェンスにとってボールと選手を同一視野に入れづらく、オフェンス側は空いたスペースを活用することができます。

ケブラの動き その1

前線から下りてくることで、後方の選手が走り込むスペースを生み出すパターンです。

「ケブラの動き その1」の解説図面01
右サイドの前目にポジションを取ったD。シンプルに後方へ下りてくるのではなく、フェイクを入れながら下りる。
「ケブラの動き その1」の解説図面02
Dのケブラの動きにより、後方のCが前線へ抜けるためのスペースが生まれた。

ケブラの動き その2

最後方の選手が前に抜ける時の動きです。

「ケブラの動き その2」の解説図面01
最後方のCが右サイドのDにパス。
「ケブラの動き その2」の解説図面02
パスを出したCは斜めに抜けるふりをして、ケブラの動きによりマーカーの背後を取る。そこへDがパスを送る。