フットサルにおける典型的な得点パターン「反転シュート」

反転シュート

フットサルにおける得点パターンの1つに「反転シュート」が挙げられます。

反転シュートは文字通り、ゴールに背を向けた状態や半身の状態の選手がパスを受けてからゴールへ反転しシュートを打つことです。

シンプルなシュートパターンであり、個人のスキルに依存する面が大きいのが反転シュートですが、反転シュートでゴールを決める上で注意したいポイントがいくつかあります。

サイドからの反転シュートには、左サイドに右利き、右サイドに左利きを配置

サイドからのシュートを考える上で、ゴールに向かう方向が2つあります。それは縦のスペースと中央のスペースです。

「サイドからの反転シュート」解説図面01
サイドの選手が中央と縦に突破した場合のシュートアングルを比較している。当然、中央からシュートを打つほうがシュートアングルは広い。

上図の通り、中央のスペースへカットインするほうがシュートアングルは広くなります。

また、同じ中央へのカットインでも、下図のように左サイドからのカットインの場合、右利きの選手のほうがシュートを打ちやすくなります。

「サイドからの反転シュート」解説図面02
左サイドから中央へカットインした場合、右利きの選手のほうがスムーズにシュートに移行できる。

サイドからの反転シュートを狙う場合、利き足と逆サイドでパスを受けれるようなポジショニングを心がけましょう。

そうすることで、相手ディフェンスから遠い所で利き足によるボールキープが行えると同時に、シュートアングルも広がります。

中央にポジショニングをとっての反転シュートの前には予備動作を行なうこと

中央、つまり相手ゴール正面にポジショニングをとり、パスを受けて反転シュートを狙う場合を考えます。

サイドより中央のほうが相手ディフェンスもプレッシャーを強めてきますので、素直にパスを受けて反転した場合、シュートをブロックされる可能性があります。

そこで、パスを受ける前に一度フェイクを入れておくことが大切です。

「中央からの反転シュート」解説図面
中央にポジショニングをとったオフェンスAが右サイドに行く素振りを見せる。その後、元の場所に戻りパスを受けて、左斜め方向へ突破しシュートを打った。

上図のように、フェイクによって相手ディフェンスを少しズラしておくだけで、反転シュートが容易になります。