ブロックによりフリーの選手を作るコーナーキックのパターン

ブロックでフリーになるコーナーキック

相手選手の進路に立ち、味方選手をフリーにする戦術「ブロック」。その「ブロック」を取り入れたコーナーキックのパターンです。

「ブロックでフリーになるコーナーキック」の解説図面01
右コーナーキックの場面。キッカーはA。
「ブロックでフリーになるコーナーキック」の解説図面02
Cがニアサイドに走り込むふりをして反転。そして、Dをマークする相手選手をブロック。
「ブロックでフリーになるコーナーキック」の解説図面03
味方のブロックによりフリーとなったDがニアサイドに走り込む。パスが送られシュートを放つ。

最初に動いた選手がフェイクをし、相手選手をブロックします。

ブロックによってフリーになった選手がスペースに走りパスを受ける、というパターンです。