ファーサイドに走る味方へロビングパスを送る形のコーナーキック

ロビングパスを使うコーナーキック

コーナーキックの典型的なパターンの1つ。今回はファーサイドにロビングパス(ループパス)を送る形の紹介です。

「ファーサイドにロビングパスを送るCK」の解説図面01
右サイドからのコーナーキック。キッカーはA。後方にB。ペナルティーエリア付近にCとDを配置。
「ファーサイドにロビングパスを送るCK」の解説図面02
CとDがニアポストに向かってペナルティーエリア内に侵入し相手選手の注意を引きつける。
「ファーサイドにロビングパスを送るCK」の解説図面03
ニアサイド後方にいたBが大きく回ってファーサイドへ走り込む。そこにキッカーのAはロビングパスを供給する。
「ファーサイドにロビングパスを送るCK」の解説図面04
ファーサイドのスペースが空いているため、Bがフリーでシュートを打つことができる。

ニアサイドに攻撃側の選手が走り込みます。そうすることで、相手の意識をニアサイドへ集めます。

そこから後方の選手が外を大きく回って走り込み、ファーサイドに顔を出します。

密集しているニアサイドを越えるようにファーサイドへ山なりのボールを供給します。

このパターンではロビングパスを送るので、キッカーに正確な足元の技術が求められます。