キッカーがリターンパスを受けてシュートを打つフリーキック

リターンパスを受けてシュートを打つパターン

フリーキックのパターンのひとつです。

通常、フリーキックでは直接ゴールへシュートを打つか、味方にパスを出して味方がシュートを狙います。しかし、今回紹介するフリーキックは壁パスのような形を取り、キッカーが味方からのリターンパスを受けてシュートを打つというパターンです。

「リターンパスを受けてシュートを打つFK」の図面1
ゴールほぼ正面からのFK。キッカーはA。Bがゴール前に動くという素振りを見せ、後方へ。キッカーAはフェイクをしたBにパスを出さず右サイドのCへパス。
「リターンパスを受けてシュートを打つFK」の図面2
パスを出した後にAが走り込む。CはAにリターンパス。Aがフリーでシュートを打つ。

ゴールほぼ正面からのフリーキックの場面です。

ポイントは2つ。

1つ目は、先に動いた味方選手のフェイク。Bのフェイクにより、相手ディフェンスの注意を引きつけます。

2つ目は、走り込むキッカーをフリーとするために必要な「ブロック」です。相手ディフェンスの壁となった選手の横に立ったDがブロックすることで、キッカーがフリーとなっています。