ビブス

読み仮名
びぶす
原語
bibs

日本語で言うところのいわゆる「ゼッケン」のことである。ただし、国際的なスポーツ競技においては「ビブス」という用語が用いられるため、近年は日本でも「ビブス」という呼称を用いることが多い。

元は「涎掛け」という意味の英単語。

フットサルでは、試合中にベンチの選手がビブスを着用している。

また、練習中に紅白戦などで必要となることも多いため、数字などが印刷されたビブスを用意しておくと便利である。

サッカーの練習中でも見かけることのある用具の1つとして有名だろう。