アイコンタクト

読み仮名
あいこんたくと
原語
eye contact

アイコンタクトとは、目と目の合図で互いの意思疎通を図ることである。

ボールを保持している選手とパスを受ける味方の選手が互いに目を合わせることで、声を出さずに敵に気づかれないようコミュニケーションする方法として、フットサルだけでなくサッカーなどあらゆる競技で行われている。

また、逆手に取り、目線を送る先とは違う方向にパスを出すなどフェイントとしても使われる。