マンツーマン

読み仮名
まんつーまん
原語
man to man

マンツーマンとは守備戦術の1つで、特定の相手選手を1対1で常にマークすることである。

組織的なディフェンスではなく、個人でのディフェンスとなる。1対1で抜かれた場合、味方のフォローが要求される。

選手ではなく、特定の守備範囲を決めて行なう守備戦術は「ゾーンディフェンス」と呼ばれる。