ニアサイド

読み仮名
にあさいど
原語
near side

ニアサイドとは、ボールがある方に近いエリアのことである。

例えば、ボールを持った選手が右サイドにいる場合、同じように右サイドにいる選手を「ニアサイドにいる選手」などと表現する。

あくまでもボールがあるエリア、ボールを持った選手がいるエリアから見たときの"ニア(近く)"なので、左サイドにボールがある場合は左サイドがニアサイドにあたる。

サッカー中継などでも使用されることが多い。

なお、対義語は「ファーサイド」である。