ワンツー・パス

読み仮名
わんつー・ぱす
原語
one-two pass

攻撃側の選手2人で行うパスの交換による突破のことである。

最初のパスを「ワン」、そしてダイレクトでのリターンパスを「ツー」と数えながらパスを出すようなリズミカルなパス交換のため「ワンツー・パス」と呼ばれるようになった。「ワンツー」と略されることも多い。

また、「壁パス」と呼ばれることもある。

いずれの呼び方についても、サッカーでも使用されているので、フットサルプレーヤーにも馴染みやすい用語だろう。