ソーシャルフットボール

原語
social football

ソーシャルフットボールとは、精神疾患・精神障害をもつ人がプレーするフットボールのこと。ここでいうフットボールとは「フットサル」と「サッカー」を指す。

2013年8月にNPO法人日本ソーシャルフットボール協会が設立され、精神疾患・精神障害者の症状改善や社会参加を目的としてソーシャルフットボールの普及を推進している。